FC2ブログ
2018年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015.10.12 (Mon)

ミジンコからノミに進化しました!(1)

今日は城下町コンサート第7回目でした。

着物を着て森さんを迎えに行ったら、森さん私のことわかんなくなってたぜwww
うさ「森さーーん」
森さん 「あれ!!? あれっ!?!? 今日は着物ですか!!」
うさ「そうですよー」
森さん 「先生の命令ですか!?」
うさ「半分はw」
森さん 「半分すかーwww」

という感じでノリノリな二人。
楽屋は3人一緒の相部屋ということで、超でかいところでした。
かなりひろいw 20畳くらい。

ジネ「和樹さんは12時頃くるんじゃないか~? 俺はステージのところにいるからな」
森さんのクラをセッティングする間、ちょこんと座っておりました。
色々喋っていたんですけども、森さんも音だしということで離席。
勿論、ジネと森さんはちょこちょこと戻ってきましたけどもね。

うさ「まだこないかねぇ~」
森さん「今日は自己紹介できるといいねぇ」
うさ「そうなんだよねぇ~」
ジネ「おう、いまからラプソディーのリハすっぞ」
うさ「あれ、和樹さん来てないじゃん??」
ジネ「和樹さんがいないから、簡単になるんじゃないかな~」

そのはずなんですけど、ステージからなんでか知らないけど、ピアノの曲が聞こえる。
私は楽屋で荷物番デス

11時前――
うさ(うーん、着物はこんな感じでいいかな~? 着くずれはしてないかな~)
姿鏡で直していた時のこと。

ガチャ!!

うさ「!?!?」
和樹さん「!?!?」

二人固まったwwww

和樹さん「……すみません、ノックしないで開けちゃいました」
うさ「いえ! いいんです! 私がむしろイレギュラーなんです!!」
和樹さん 「はあ。失礼しま~す」

なんか早くきてませんかーーー!?!?
バッグの中をごそごそする和樹さん。

いけ、いくんだ、うさ!! 
ここで自己紹介をしなくてどうする!!


うさ「あの、佐藤和樹さんですよね」
和樹さん「そうです、佐藤です」

私のアホーーーーー!
そんなのわかんじゃねえかよ!! 
昨日あったじゃないかよ!!!
和樹さんはきっと、こいつアホだとおもったな(遠い目)

うさ「あの、その、1月の新春コンサートで英雄ポロネーズをききまして……」
和樹さん「ああ、あんなボロボロでお恥ずかしい」
うさ「いえ! でも、英雄ポロネーズを知って大好きになりまして」
和樹さん「本当ですか」
うさ「はい。それでお会いできるのをずっと楽しみにしておりました!」
和樹さん「ありがとうございます(サラッ」

いけた、いけたようさ!!!
って思ったのもつかの間――自分名前名乗ってねぇ!!!!

うさ「あ、あの!申し遅れました私――柳田の妻の絵利香です」
和樹さん「あ、どうも(サラッッ」
うさ「あの、こちらは和樹さんのドリンクだそうです」
和樹さん「そこらへんに置いていてください(サラッッ」

すっげえ 温度差wwww

いいんだ。いいんだ。私は話をできただけで満足。

和樹さん「こちらに気を使わずに、どうぞ椅子に座ってください」
うさ「はいっ!!」

和樹さんは1人ソファに座って、スマホをチョコチョコ。
私はそれを見て、どういうふうに声をかけるか・・・。
1分経ち

2分経ち

3分経ち

どぁーーーーーーーーー! 会話がねぇーーーーーー!

うさ「あの、名取高校はいまどうですか?」
和樹さん「名取高校ですか??」

おっ、いい感じ!!! 和樹さんそこの先生をしているものね!
うさ「私あそこの学校の出身でして」
和樹さん「いつの頃ですか?」
うさ「うーん、もう10年以上まえですよ」
和樹さん「あ~、それじゃあ 最悪って言われていた時代でしょう。
 赤い髪とかいたんじゃないですか?」

そんな風に言われていたのねwww

うさ「赤い髪はいませんでしたけど、茶髪はいっぱいでしたね。
 私の学年は『史上最低の学年』って言われていましたよ…w」
和樹さん「そんな時だったんですか~」
うさ「はいw トイレそうじサボっていた人とか全校放送で呼び出しありましたよw」
和樹さん「ハハハ。すごいなぁw ところでピアノの練習したいんですが、場所わかりますか?」
うさ「うーん…わかんないですね」

緊張しながら話していると、ジネと森さんが楽屋に戻ってきて、4人で待機。
森さんはニヤニヤしながら私の方を見ていた。あなたは何楽しんでいるんですかwwww

その後、和樹さんとジネがピアノの部屋に向かいましたので、森さんとダチトークを。
森さん「ちゃんと会話していた??」
うさ「話できましたけど……檻にいれられた小動物のようになってたよぉ~!」
森さん「えーーー!」
うさ「だって、どんな話していいんだかわかんない!!」
森さん「よかったじゃない! あとで写真撮ってあげようか!」
うさ「本当ですか!?!?」

ジネ「おい、そろそろリハするぞ~」
うさ「私どうしたらいいの!?」
ジネ「ん? 観客の椅子に座っていたらいいだろう」
うさ「ほいほい」

次回 「スマホの使い方わかりますか?」 あちらから声をかけられますよ!!
23:05  |  うさたんとくんくんの日常  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。