FC2ブログ
2018年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015.09.09 (Wed)

OFF会IN千本松牧場(3)

アーチェリーを体験した一行は、温泉にはいることに。
雨がふらなきゃ、羊もいっぱい見られたのにねー。
そうグチグチいうメンバー(主にくろりん)にくんくんの体は「エナジードレイン」され、どんどんやせ細る。


おおう、くんくん。なんて可哀そうなんだ。

そんなことを思いながら、一行は千本松温泉(たぶんこんな名前だったはず)へ。
入場料は大人700円。

ジネ「この子、中学生に見えるかなwww」←冗談で私を指差す
店員のおばちゃん 「んーー、ちょっと見えないですねぇ~w」

うさ(そりゃ、おもいっきり化粧してるからな…)

ジネ「だよねw はい、大人2名の2千円」
店員「はいおつりですー」
ジネ「あれ? おつり少なくない?」

店員、おつりまちがえる

店員「あっ、すみません!」
ジネ「いいんだよ、ボクが余計な冗談いっちゃったからそれで間違えたんだねw」
店員「どうもすみませんでした」

アヤポンはタオルを持ってきてないということで、買いに行った。
アヤ「これ、貸出用なんだな」

かけ流しして、お風呂にどっぷりつかる~。
うさ「あったかいのぉ~」
アヤ「おっ、結構いい温度じゃんw」
うさ「あやぽん、露天風呂の方行ってみない」
アヤ「うさたん、雨降っているのに行くのかよw」
うさ「おうよー」

ということで、裸の二人は露天風呂の方へ。
雨よけもバッチリでだったので、ぬれることはありませんでした。
ぬるぬるしている泉質なのかな? 床がツルツルすべりそうで危なかったですがね。

うさ「はー、良いお湯だねぇ」
アヤ「ちょっと冷えてたからよかったな」
うさ「うん」
アヤ「ほんで、仕事の方はどうなのよ」


うさ「んーまぁボチボチかなぁ~? アルバイトから格上げになったのは、実力スキルというより
 夜のシフト出られる人がいないというのがあるからねー」
アヤ「ふんふん」
うさ「おまけに、今度来る新人の子が登販の試験落ちたらしいんだよね」
アヤ「マジかよ」
うさ「うん、それで仕事がキツキツになりそうな感じかな~」
アヤ「体壊すなよ~」

あやぽんよ、
その言葉そっくりそのまんま返しますwww


女性チームは世間話に花を咲かせているちょうどその頃――
男性の方はゲームの内容に夢中だったらしい。

髪を洗うわけでもないので早めに上がり、あやぽんと一緒に憩いの間でくつろぐ。
アヤ「お、うさたんラムネさ、飲まね!?」
うさ「飲んでもいいのかよ」
アヤ「大丈夫だよ、これくらいww」
うさ「本当かいw 桃に普通のにスイーティーだって」

アヤ「スイーティーってなに?」
うさ「シークワーサーみたいな柑橘系じゃないかな~」
アヤ「じゃ、おれピーチだな。うさたんは?」
うさ「せっかくだし、スイーティーにするよ~」

あやぽんに、ラムネをおごってもらいました。

アヤ「そういやさ、かき氷のシロップってさアレ全部味同じなんだって知ってたか?」
うさ「うんw」
アヤ「錯覚で違う味になるんだろ!? ということはさ、これもなんじゃね!?」

ということで、『目を瞑って、どちらかを渡されるので当ててみよう」という急遽クイズがはじまりました。

アヤ「うさたん、目つぶってな」
うさ「はーい」
アヤ「(こっちかな)  はい」

うさ「……スイーティ?」
アヤ「うさたん、鼻で吸ってないか」
うさ「吸ってないよwww じゃあ、鼻つまんでみようか?」
アヤ「おう!!」

うさ「今度は……桃?」
アヤ「すげえな! よし、俺も挑戦してみるわw」

あやぽんに目を瞑ってもらい、桃を渡してみる。

アヤ「・・・・・・・うさたん、これマジでわかったのかよ!」
うさ「わかんないのかい!w」
アヤ「別なの、頂戴」
今度はスィーティーを渡す。
アヤ「ちょっと待てww わかんねえわwww」

二人でキャッキャ遊んでいると、ウェンさんが「あ、うさたんたちもう出てきてるわ~」と登場。
ウェンさんは「コーヒー牛乳」を手に持っていた。
ちくしょう、飲めネェヨ。そう思っていると、ノンカフェインという文字が。

うさ「ノンカフェイン、まじか!?」
アヤ「うさたん一口飲んでみたら」
うさ「ウェンさんいい?」
ウェン「いいよ~」

チビッ(たぶん、10ccくらいww)

アヤ「どうだ? 飲めるか?」
うさ「うん、ちょっとだけ飲んだけど、たぶんダメじゃないと思う。
  万が一なっても倒れない程度の分量だよ」
ウェン「そんな危険な賭けするなよwww」


恐怖のジンギスカン飲食時間までだらだらと過ごし、さあ行くぞという時に、
はんぺんがリュックをゴソゴソし始めた。

うさ「どったの?」
ジネ「はんぺんがハンスマないって言うんだよ」
うさ「ハンスマ??」
ハン「スマホです~」

はんぺん+スマホ÷2=ハンスマ

ジネ「あやぽんさ、悪いんだけど車まで一緒に付き合ってあげて頂戴」
アヤ「いいぜー」

ジンギスカンコーナーでは大きくくろちゃんの本名の予約表がwww
くん「うさたん…くんくん食べられちゃうでしゅ…」
うさ「大丈夫だよ…、うさたんは絶対に食べないから」


次回 ジンギスカンじゃない鍋
 モヤシは犠牲になりましたwww をお送りします
  
23:43  |  未分類  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

雨も止ませられない羊は食料になるしか無いからね(・ω・)
くろねこ |  2015.09.12(土) 13:33 |  URL |  【コメント編集】

くんくん:今回は運を使い切ってしまったからでしゅ。いつもはこんなことないのでしゅ
うさたん |  2015.09.15(火) 11:23 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。