2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2012.10.03 (Wed)

気に入ってますw

先日、画廊に二人で行った折に、私がとても気に入った画家さんの作品がありました。
動物の絵を描く画家で、とっても、ファンタジー♪

見たのは、ハムスターだったのですが、どうやら、うさぎの絵も描くという話でした。
その絵が、ゆきちゃんそっくりだったんですよ。
一目惚れしてしまいました。


GetAttachment2_20121003235113.jpg
(斜めに撮っているのは、光の屈折をなくすためです)

そして、ひょんなことからその絵が私の部屋に飾ることになりましてねww
このピンクのコスモスが、なんともかわいらしい~♪
23:56  |  世界の芸術品  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.09.15 (Sat)

天使の歌声と言われるだけのことはある

最近、CDを聴くのですが、
かなり美しい声の持ち主を見つけました。

「ジャッキー・エヴァンコ」
ドリーム・ウィズ・ミードリーム・ウィズ・ミー
(2011/10/12)
ジャッキー・エヴァンコ

商品詳細を見る


何気なく聴いたのですが、こらびっくりだーよ!!
なんつうか、11歳の歌声でここまでの歌唱力ってびっくりです。
トゥーランドットなんか脱帽・・・。
あんな歌唱力がないと歌えないのをよく歌えるなとw
まさしく「天使の歌声」です。
3番目に スーザン・ボイルもコラボしております。

かなり癒しの曲ですので、オススメですね。

しかし、11歳でピアスをあけるんですね。アメリカの方はw
エヴァンコちゃんも、しっかりあけてます。
私は怖くてあけれません!!
興味があるけど怖いです!
10:19  |  世界の芸術品  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.08.02 (Tue)

オペラ座の怪人を聴いてみました~

オペラの中でも、最高峰といわれるオペラ座の怪人
私がオペラ座の怪人を知ったのは小学校の頃だったと思います。
マンガで、骸骨のような顔だったのを戦慄に覚えています。
考えてみると、ここから私の骸骨好きは始まったのかしら???

劇団四季もみたいなーと思いつつも、行く機会をなくしていました(;ω;)
別の公演(55ステップだったかな)を見て以来、オペラ座の怪人がきたら見ようと心に誓いましただ。
昔、深夜にTVでもやっていたんで録画してみたことがあったんですがね~
なんかエロシーンありまして、当時の私には刺激がつよすぎて録画はお蔵いりww
ファントムの髪の毛は金髪でしたなぁ・・・。
12月にオペラ座の怪人がTVでやっていたので、じーっとみていましたw
あの番組ではなかろうかと!
要らぬ心配でしたがww

だもんで、ドキドキわくわくしながらレコードをかけました。
レコードは両面2枚組み。
サラ・ブライトマンのパッケージです。
110730_140802opera.jpg
U・ω・)ほーこんな舞台なんでしゅか。
くんくんは興味なさげに、足をぽりぽりしておりますww

「ダーーーーーン! ダダダダダーーーーン!」
タンノイ・モニターレッドで鳴らしたのですが、パイプオルガン使用している当時の空気がモニターからでるので鳥肌ものです。ぞわっと不気味に感じるメロディーがたまりません!(・ω・)
いやー、ウェバーの曲は親しみやすい曲が多いだけに名曲ですねぇ。
私は「Overture」がお気に入り。ダーーン ダダダダダーン♪です。
他にも同じメロディーで、ファントムとクリスティーヌが歌う「The Phantom of the Opera」も好き。

すごいほど低音がなるので、ジネも「すごい低音だなー」とご満悦。
これほどまでマッチするのは何でかと思っていたら、タンノイもこのレコードも同じイギリス製。
お国柄が同じなら合うはずだよねぇ~(´ワ`)
英語だし映像もないんだけど、どこらへんの場面だなーとわかるからずっと聴き入っていました。
もちろん、殺人もおきて「キャ~~~~~~~~~~!」という悲鳴も入っておりますし、カルロッタが「ゲコゲコ」と声が出なくなるシーンもバッチリですw
忘れてはならないシャンデリアが落下するのもありますよ。
すげー悲鳴がモニターから流れてきます。あ、110番はしないでくださいww
個人的には後半の「仮面舞踏会-マスカレード-」の場面がいい!
なんてったって、ファントムの格好がコレですよ!
110802_134510masukare-do.jpg
やだ、すごくカッコいい(・ω・)
ちなみに劇団四季の方が吹き替えをした映画では、この骸骨の格好はありません。
自ら作曲した「ドン・ファンの勝利」の楽譜を持っているところと赤服は同じだけど、映画では動きやすい服装になっております。
またきこ~っとw
14:42  |  世界の芸術品  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.03.31 (Thu)

素敵なバラの絵です

ジネのお気に入りの一枚です「山本彪一」氏のバラです。

110331_164226.jpg

ちょっとぼやけてしまったけども、この絵は最高に綺麗です。バラが美しいし、一本一本が活き活きしています。
額もオシャレにできております。

綺麗と思うひとは拍手をクリックしてくださると嬉しいです!
21:21  |  世界の芸術品  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.06 (Sat)

楽太郎改め 六代目円楽襲名披露にいってきました

先日、インフルエンザワクチンを打って、しばらく寝込んでいました。大変病気に弱いこの体・・・。おまけに、副作用で熱出た場合はなにやら書類を書かなければならないとかで・・・めんどくさい(オイ)
頭は8歳の子供なので、タミフルもらったらきっと窓から飛んでいくだろう自分ww

さて、病み上がりの体で子供時代から腹黒さが好きだった楽太郎さんの『六代目円楽襲名披露』を見に行ってきました。もちろんこういう情報を仕入れてくるジネと一緒に。カテゴリで世界の芸術品に属していいのか悩みましたが、それ以外のカテゴリに属さないし、これでいいや。

もうすぐ始まる時間というときに「ピピピピピ!」と後ろのおばちゃんの携帯伝話から音がなりまして、「誰かしら、あら私だわ!」と携帯電話をあたふた。耳にはいった情報によると、携帯会社からの電話の催促らしいのですが、そういう時こそマナーにしとけよ。
そして、そのすぐ後にまた「ピピピピピ!
どうやらこのおばちゃん、マナーモードの仕方がわかんないらしい(-д-)
さすがに3回もピピピとなっているもんだから、私の座席の前の人とか横の人とか誰が鳴らしているんだ?とキョロキョロ(そらそうだ)

そして、口演が始まりまして~最初は一番下っ端の方、楽大(らくだい)さんの子褒め。その最中にまぁた「ピピピピピ!

切ってなかったんかいっ!!!!!
さすがに、これには会場もザワザワといた~い視線が。おばちゃんはいたたまれなくなって会場の外に。子褒めの中にも、「携帯電話を開けて90度に折り曲げますと、使えなくなりますので^^」とブラックジョークがw う~んうまいw

その後は好楽さんの息子の王楽さんの小話。これが現代風でなかなかおもろい。
とある父親の愛読書・司馬良太郎の「竜馬が行く」が家の中からなくなって大慌てのお父さん。どこにやったかしらないかと母親にきくと、「息子が、学校で活字離れしているから授業の一環として本をもってきなさい。というんで持って行ったわよ?」

顔面蒼白になるお父さん。それもそのはず、表紙が「竜馬が行く」だけど中身はなんと官能小説だったのです(ドーン)
中身がまさかエロ小説だと知らない息子は、先生に「君のお父さんはなかなか良い本を読んでいるな! 私も昔はよくその本を読んだものだ。みんなの前で大きく感情を込めて読みなさい!」といわれて・・・・w
もうここら辺でどうなるか話はわかると思います。大爆笑でしたww いや~現代風の話もあるんですね^^

小遊三さんのはなしは、小遊三さんらしく廓話(ツケ馬)。なんか、小遊三さんが話にでてくる金銭0のお客そのものに見えてくるのは、いつもそんな風にみてるからでしょうかww

口上は楽太郎さんがでてきまして、みんなでお手を拝借してきました~U'ω')ノ よ~っ チャチャチャ チャチャチャ チャチャチャッチャ!
さすが笑点で長年のコンビだけあって、「円さんっていおうか。便所にかけるやつみたいにw」「塩酸だけはやめて!」小遊三さんとのかけあいが上手い楽太郎さん。司会の王楽さんも「一応理事の夢太郎師匠」とか「便所で尻を拭く会長の小遊三師匠」とかユーモアがww 

トリは楽太郎さんの人情話でした。
でかい商人になったお兄さんに、酒やって文無しになったからどうかここで働かせてくれと弟が頼みに行ったら
「お前も自分の力で店を開いて働いてみたらどうだ」とお金をかしてくれた。
国のものはお前の兄は人でなしだ。情もない!と常々言ってたのですが、その兄が自分にお金を貸してくれたのです。
「店を建てるには100両・・・いや50両かしてくれたかな^^ あまった金で豪華に食事したいな」と貸してくれた金額をみると、たった3文。
国のものはお前の兄は人でなしだ。情もない!といっていたけど本当だ! 実の兄弟に恨みを持ちます。投げ捨てようとする3文を見て、土を掘っても3文はでない。あまった金で豪華に食事したいなと思っていた自分を見通して、たった3文にしたのではなかろうか! 心を入れ替えて働き、兄に負けないでかい商人になるというお話。

火事で財産や家を失って、春先に仕込みにいくので兄に50両を貸して欲しいと頼み込みますが、担保がないお前にびた1文も貸せないとケンカになってしまいます。傍らで見ていた娘が帰り道で、吉原で稼ぐからその50両で仕込みを入れて、いつか自分を迎えに来てくれと言います。仕方なく苦渋の決断で50両とひきかえに娘と交換。しかし、その50両はスリに盗られ、娘を迎えにいけない。許しておくれとお父さんは首をくくります。

お父さんと娘の話ではシーンとして、誰1人身じろぎせず、じっと聞き入っていました。これが上手い人の話なんでしょうね。人情話は上手い人ではないとホント聞けないのですね。改めて実感しました
19:36  |  世界の芸術品  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT