2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2016.08.23 (Tue)

初めての月命日を迎えました

こんにちは、うさです。
先日20日、ゆきちゃんの初めての月命日がきました。
一か月は本当に早くって、私にとってはまだ一週間ぐらいしか来ていない気がします。
亡くなった時間前に起きて、ゆきちゃんのためにリンゴをむいて一緒に食べました。
涙という塩味しか、しなかったです。
虹の国で 以前飼っていたももちゃん、ミミちゃん、楽ちゃんと仲良くしてるのかな~と
話をしました。
ミミちゃんはおとなしい子だったからきっと大丈夫だと思いますが、
ももちゃんはゆきちゃんに輪をかけてツンな子でしたから難しいかな??
楽ちゃんは能天気な子だから大丈夫だろう(おい

お彼岸に帰ってきてくれたのかな。
逝ってすぐの帰還だけど、しもべはいつでも帰ってきていいからねと伝えました。
花痛んできてるから、新しいのかわなくちゃ。
15:05  |  兎ちゃんのこと  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.08.04 (Thu)

夢に一瞬ですが

ゆきちゃんが来てくれました。
触ろうとしたらスッと消えてしまいました。

あ~、ゆきちゃんママ(僕ですが)のところに会いに来てくれたんだ~と
べそかいてしまいました。

あれから掃除をしているのですが、
ゆきちゃんの毛もたまにふわ~っと浮いているときがあります。
あらかた毛が飛ぶもの(ブランケットやケージ)はもうないから、
ふよふよ浮いているのを見ると、そばにいるんだな~って勝手に思っちゃいますねw

23:39  |  兎ちゃんのこと  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.07.20 (Wed)

ありがとうゆきちゃん

本日4時25分 ゆきちゃんが虹の国に渡りました。
昨日は出勤してから様子を確認したところ、ジネ曰く穏やかな感じで過ごしていたらしいのですが、
仕事から帰宅した私を待っていたかのように、呼吸ができなくなって口呼吸をし始めました。
バタバタ暴れておしっこをしたり・・・。


ジネも背中をさすってあげて、あんなにゆきちゃんに反抗的だったタクちゃんもジッとみていました。
ジネから「明日も仕事だから、ゆきちゃんをケージに入れて寝ろ?」って言われましたが、
とてもじゃないけど寝られる気分ではなく・・・。


取りあえず布団をしいて、ジネが気が済むまでそばにいて御上げって、
ゆきちゃんを枕の横に移動させてくれました。

頭をなでると嬉しそうにしたり、呼吸が安定したり・・・。
それでも苦しかったようで、手足をバタバタさせながら「ピィ~」
と、ひと鳴きして虹の国へ旅立っていきました。

あの子は10年と20日という人生を終えました。
うさぎにしたら長生きしたほうなのでしょうが、私としてはもっと一緒にいたかった。
ゆきちゃんは私が「目標10歳ね」って言っていたから、
斜頸になった三年前から頑張って生き続けてくれたのだと思います。
ツンデレでしたが、本当に本当にいいこでした。

今までゆきちゃんを可愛がってくださった皆様には厚く御礼申し上げます。
06:05  |  兎ちゃんのこと  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.07.18 (Mon)

誕生日が来たブログの後に書くのはこれとは

こんにちは、うさです。
タイトルにも書いているように、楽しい話題ではありません。


先日、10歳になったゆきちゃんですが、16日あたりから好物のバナナや燕麦を食べなくなりました。
おかしいな? と思って様子を見ていたのですが、今回は水すら飲まなくって・・・。
17日に朝一で病院に行きましたら、脱水症状を引き起こしていると診断されました。

点滴や食欲を促すお薬を投与したものの、改善の文字はなく・・・。
お腹は上の薬の影響で激しくうごき、ひくっひくっ としゃっくりを繰り返すだけ。

明日も病院に来てください。脱水が続くと死んでしまいます。
病院の先生はそうおっしゃったので、行ってきました。
なんだか持ち上げると力が入っていないのかグッタリで・・・。


ジネは8時半から隣町の学校に仕事で、帰宅は4時ごろ。
私は1時半から仕事。
さすがに仕事も集中できず・・・。

急いで仕事を終えて帰宅すると、ゆきちゃんは私が帰ってきたのがわかるのか、
目をこちらにむけてきました。
自分で体の向きを変える力もないので、先生にいわれたように、
体位変換をしようとしたら、おしりから塊が。
病院の診察台一回、家で一回みた私は点滴によるピンクの糞だと思ったんですよ。


ジネ「それ、内臓じゃないのか?」


ハッとしてよくよく見てみると、大腸の一部っぽい。なんか別の内臓も出てきてる・・・?
ジネは「俺は内臓のことはよくわかんねぇけどな」と横で言いましたが、
そっちの方向が正しいのかも。
エサを自分で食べられないことと自分の体の重さによる、臓器の崩壊が始まったようです。
ガンだった父親を最後まで看取ったジネによると、大抵の人は苦しみながら死ぬらしいのですが、
「死んだ親父のように痛みはないのかもしれないな」と言ったように、
穏やかに横になっています。

ゆきちゃんを飼う前に育てていたももちゃんが死ぬ間際に苦しんでいたのですが、
ゆきちゃんはそういう傾向がありません。
というか、もう痛みの感覚すらないのかもしれません。


ジネと相談して、これ以上の延命措置はやめようという話になりました。
内臓が崩壊しているとしたら、動かすのは負担がかかって可哀想なこと、
うさぎだって死ぬときは住み慣れた家で死ぬのが嬉しいということ、
病院の先生だって、これ以上手の施しようがないだろうということ。

私としては↑に書いたように、苦しんでいるのなら『安楽死』させたい。
でも、とっても頑張り屋さんだったゆきちゃんを神様がちゃんと見ていたみたいで、
苦しんでいないのが、私としては唯一の救いです。
23:22  |  兎ちゃんのこと  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.07.07 (Thu)

ゆきちゃんが10歳になりました!

わーい、ゆきちゃんが10歳ですよ~!!

速いようで長かったような・・・。
7歳の時に斜頸になってから、もう駄目だというレベルにまで悪くなっていた子が
私達のために頑張ってくれています。
両足歩行困難が左足の麻痺程度に収まってくれていて・・・・・・。
本当に涙が出ます。


麻痺があるということはオシッコも自分の意志でできなくなっているので、
頻繁に粗相をするようになりました。
これは仕方のないことなんですけども、畳の部屋でシッコされちゃうとね・・・。
現にうさぎが虹の国へ行くまで、畳替えしないって言われましたし・・・。

それに寝室はタクトがおり、歩行するとやきもちをやいたタクちゃんが
ケージに近づいてきたゆきちゃんの体をピシピシ叩きます。
8畳間の部屋は足が不自由なゆきには少々ハードな部屋に・・・。

そんな不満を解消するべく、ゆきちゃんに歩行用の場所をプレゼントしました!!




じゃん!!!!

yuki101.jpg

粗相OKの散歩コース。
ジネ「・・・CD探すの困難になった・・・」←気合でさがせ!
さあ、ゆきちゃんいっぱい遊んでおくれ!!(^ω^)


・・・・・

・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・


出てこないんですけど!!(・д・;)

yuki10.jpg

ゆきちゃん「僕、急に部屋を変えられるのはちょっと」


時間をおいたらちょこちょこ粗相の跡がありましたので、ちゃんと遊んでいるようですww
10:25  |  兎ちゃんのこと  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT